経営者家計簿サービス

『経営者家計簿』とは

『経営者家計簿』は、主婦などが節約や生活をやりくりするためにつける一般的な家計簿ではなく、
個人事業主・中小企業経営者・ドクターの方が、会社のお金だけでなく経営者個人のお金も
踏まえて経営判断していけるようにするためのオリジナル財務諸表です。

『経営者家計簿』の目的

『経営者家計簿』をつけるのは、単なる節約や資金のやりくりが目的ではありません。

もちろん『経営者家計簿』があれば、会社においても経営者個人
においても何となく使われている「無駄な支出」を大きく減らすことができます。
しかしそれ以上に、その時々の「本当に大切なこと」に
お金を使っていくという、 「自分らしいお金の使い方」ができる
ことが重要です。

また、『経営者家計簿』をつけることによって会社だけでなく経営者個人のお金の流れもしっかりと
把握できるので、売上が増えても減ってもお金に振り回されることがなくなります。

さらに、『経営者家計簿』を継続することでいつでも最適な資金分配ができるようになり、
ビジネスや人生の最終的な目的を達成するためのベースが出来上がります。

『経営者家計簿』は、これらの第一歩なのです。

『経営者家計簿』が有益なものとなる経営者は

『経営者家計簿』は、下記のような個人事業主・中小企業経営者・ドクターの方にとっては、
とても有益です。

  • お客様のために毎日頑張っているのに、なぜか手元にお金が残っていない・増えていない
  • ビジネスでは毎年利益が出ているのに、なぜか個人の通帳にお金が残っていない・
    増えていない
  • 資金繰りの不安から毎年のように銀行や日本政策金融公庫へ行き、融資書類の作成や審査などに時間を奪われている
  • 独自の「キャッシュフロー表」を持たず、税理士からもらう「試算表」だけで経営判断をしている

正直、同族会社を経営するオーナー社長やドクターなどの個人事業主にとっては、
「試算表」や「決算書」よりも有益な経営資料となります。
逆に、数百名以上の社員を抱え、出資者・役員などが多岐にわたるような会社経営者にとっては、
あまり関係ないものでもあります。

※まずは、個別サービス「経営者家計簿診断サービス」をご利用ください。